合法的に遊べる魅力あふれるギャンブル

投稿者: | 2019年1月15日

オンラインカジノの魅力とは

オンラインカジノの魅力とは

オンラインカジノは、24時間いつでも遊べるギャンブルです。
オンライン上という特性があり、インターネット環境さえあれば場所を全く問いません。
また、オンラインカジノは、実際にお金を賭けて楽しめますし、ジャックポットシステムなどがありますので、プレイヤーが積み立てた賭け金を一気に受け取ることができたりもします。
そうなれば、数億円の賞金もゲットできます。

オンラインカジノは、このように、他のギャンブルにはない特性がいくつかありますが、具体的に見ていきましょう。

オンラインカジノの成り立ち

オンラインカジノが登場したのは、1990年ごろのことです。
その頃に丁度オンラインカジノに法律を作り、ライセンスが発行されなければならないといった旨の法律が可決されました。
そして、オンラインカジノに参入する企業がたくさん現れ、マイクロゲーミングなどを始めとしたゲームソフトウェア会社もオンラインカジノのゲーム制作に乗り出しました。
その後、インターネットが普及するとともに全世界に広がり続けます。

今では約8千万人以上のプレイヤーが存在しますが、日本語対応カジノも順調に増え始め、今では日本語対応で遊べる大手のカジノもたくさんあります。
最初は悪質カジノのような詐欺やイカサマのオンラインカジノも多かったのですが、今は淘汰されつつあります。

オンラインカジノは、日本ではそれほどまだ浸透していませんが、海外ではすでにメジャーな産業の一つです。
テレビのコマーシャルで見かけることも珍しくありませんし、さらに看板が街に備え付けられていたり、さまざまな映画作品とタイアップをしています。

オンラインカジノは、今後日本でもカジノ法案が成立されたということもあり、日本でも解禁される可能性は高いです。

オンラインカジノの仕組みと運営業者

オンラインカジノの仕組みと運営業者

オンラインカジノはこのように、1990年代に初めて登場したのですが、運営業者は海外の業者です。
海外では一流の企業がオンラインカジノ運営を行っていることも多く、スポーツチームのスポンサーを行っていたり、名のしれた大企業であることも少なくありません。
よって大手のオンラインカジノは非常に信頼性が高く、知名度も高くなっています。

オンラインカジノの仕組みですが、ゲームを提供してるのはマイクロゲーミングやプレイテックなどのソフトウェア会社になり、そして決済の管理は決済会社が管理をしています。
オンラインカジノはこのような構成で運営されており、さらに国からライセンスが発行された上で運営されています。

ライセンスを取得するまでには非常に厳しい審査が行われており、その審査を通らなければ運営をすることができません。
審査には半年以上の月日がかかり、高額なライセンス料もかかります。
オンラインカジノはこのように運営されていて、非常にシビアな審査をクリアするなど、すでに認められている存在です。

勝ちやすさと注意点

オンラインカジノの勝ちやすさですが、ペイアウト率は97%以上あります。
この数字はオンラインカジノサイトによって少々差はあるのものの、数字は事実です。

このペイアウト率の高さは圧倒的で、他のギャンブルをするよりもオンラインカジノのほうが有利であると考えられます。
オンラインカジノは店舗を持たないという特性がありますので、その分還元をすることができるのです。

しかし、オンラインカジノが勝ちやすいからと言って、オンラインカジノはボランティアではなく、あくまでもギャンブルです。
当然ながら、最終的には運営側が儲かる仕組みになっていますので、最終的には損をしてしまいます。
このため、必ず勝てるということはないので、そのあたりは注意が必要です。

オンラインカジノは日本では賭博罪にならないの?

オンラインカジノは日本では賭博罪にならないの?

オンラインカジノをプレイする上で、日本で賭博罪になってしまうのではないかと不安を抱えている方は多いでしょう。
しかし、結論から言うとそんなことはありません。

オンラインカジノは、海外の業者によって運営されていますので、胴元が日本ではないということになります。
よって、賭博を提供してる胴元が摘発できずプレイヤーだけを罪に問うことができないというのが現状です。

また、オンラインカジノで、逮捕されてしまったプレイヤーが実際にいました。
それは2016年のことだったのですが、プレイヤーがこの摘発に納得できず、略式起訴を受け入れず裁判で闘う姿勢を見せたのです。
すると、一転して不起訴処分になるという結果になりました。

オンラインカジノの違法性を立証することは困難であり、今まで有罪になった例は一度もありません。
仮に摘発されてしまったとしても、そのまま不起訴処分になる可能性が高いですし、検察側も一度不起訴処分になった事件を再度扱うとは考えにくいです。
このため、オンラインカジノは安全に遊べる可能性が高いですし、自宅で遊ぶ分には全く問題はないと考えておいて良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です