モンテカルロ法はネットカジノ必勝法となりうる?

投稿者: | 2021年2月5日

ネットカジノで勝つためには必勝法を持つことが大事です。
モンテカルロ法をしっかりマスターすることができれば、ネットカジノをギャンブルでなく、投資にもすることができるでしょう。

モンテカルロ法は、はじめてネットカジノという方々も何度か聞いたことのある名前ではないでしょうか。
非常に知名度がありますので、それだけメリットがあるのだと思いますが、モンテカルロ法にはデメリットがあります。

モンテカルロ法のデメリットも知り、ネットカジノで上手く使いこなすようにしてみましょう。

ネットカジノ必勝法のモンテカルロ法とは

ネットカジノ必勝法のモンテカルロ法とは
モンテカルロ法という名前は、モンテカルロ法によってモナコ公国モンテカルロのカジノを破産させたからその名前がついたとも言われています。
実際に、そのようなことがあったのか事実は定かではありませんが、それほどまでにネットカジノに最適な必勝法ということです。

モンテカルロ法は、決められた数列を作って、ベット額を数列に従い決定してく方法のことです。
モンテカルロ法が有効的なのは、ネットカジノの3倍配当のゲームです。
バカラやブラックジャックというのでもいいでしょうけど、条件がある場合、ワンセット終了しても利益が出ないことがあります。

3倍配当のゲームなら、モンテカルロ法はワンセット終了の段階で、利益を生む形にすることができます。

モンテカルロ法の使い方

ネットカジノの3倍配当のゲームといえば、
ルーレットの「ダズンベット(1ダース12点賭け)」とか、「コラムベット(1列12点賭け)」あたりです。

ルーレットの「ダズンベット(1ダース12点賭け)」を例題としてお話しします。

モンテカルロ法をスタートする前には、1ユニットの金額を決定します。
1ユニット:1$でスタートして、ベット額5倍というときは1ユニット:5$という感じです。
紙を用意していただき、まずは、最初の数列を記載します。

「1,2,3」

「1,2,3」と数字を書くことができれば、数列の両端の数字を+します。

この場合、1と3になりますので、足して、4です。

4が、最初のベット額の基準値です。

4ユニットをベットするということなので、
1ユニット:1$という決め方をしていらっしゃるのであれば、ベット額は4$です。

負ければ前回ベットしたユニット数を数列に追加

負ければ前回ベットしたユニット数を数列に追加
次には、1回目のゲームで負けてしまったとき、ベットしたユニット数を記載した数列の右に追加してください。
「1,2,3」という数列で、4ユニットでベットしたのですから、「1,2,3,4」という数列になります。
では、次に勝負に挑む時には、両端の1と4を+して、5ユニットをベット額とします。

勝ったときには数列の数字を2消す

ゲームに勝つことができれば、今度は、数列の両端の数字を2消してください。
これは、3倍配当のゲームに対してです。
2倍配当のゲームは、両端の数字を1ずつです。

「1,2,3」という数列であれば、2ずつ消すことで数列自体消滅してしまうことになりますが、この場合は、モンテカルロ法はいったんリセット。
最初から、「1,2,3」でスタートして、次回ベット額は、4ユニットからということになります。

例えば、「1,2,3,4,5,6,7」という数列になってしまった場合ですが、この場合、8ユニットで、ゲームをしていることになります。

ここで勝ったという場合、左から、「1,2」を消して、右からは、「6,7」を消します。

結果、「3,4,5」という数列になります。
でしたら、次のゲームでは、両端を+して、8ユニットがベット額ということになります。

これが、モンテカルロ法の基本ルールであり、ネットカジノ必勝法です。
ネットカジノはじめてという方々も、それほど難しいとは感じないのではないでしょうか。

数列がない、または、数列がひとつ残ったケースが、モンテカルロ法の勝ちのパターンです。

モンテカルロ法の注意

モンテカルロ法の注意
モンテカルロ法は、ネットカジノの必勝法として充分通用する技なのだと思いますが、やっぱり引き際というのも大事なことです。

数列のことは、もうしっかりマスターしたと思いますが、「1,2,3,4,5,6,7,8,9,10」の場合は、7連敗状態です。
7連敗は、ネットカジノでは充分あり得ることだと思います。

7連敗して、次に勝つことができれば、
「3,4,5,6,7,8」という数列になります。
次にも勝つことができて、数列は、「5,6」。

利益は、次の勝負に持ち越しです。

3倍配当のゲームで3連勝が簡単に出来るのならいいですが、なかなか難しいのが3倍配当のゲームです。
3倍配当のゲームは、連敗は続くことはあっても、3連勝はなかなか期待することができません。

では、どのあたりが引き際なのか考えると、それはあくまでも自己判断となり、非常に難しい問題も出て来てしまうでしょう。
それぞれの方々のギャンブルに対しての考えが、モンテカルロ法に反映するといういい方も出来てしまうのです。

まとめ

いかがでしょうか。
今回、ネットカジノの必勝法としてモンテカルロ法についてお話ししました。
モンテカルロ法は、ネットカジノ必勝法として有効的です。
ただし、モンテカルロ法がどんなに信用できるネットカジノの必勝法だとしても、ネットカジノにのめりこみ過ぎは危険です。
自分自身で、自分なりのルールを決めて、引き際を見極めることが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です